Seminar Information

ファーマーズマーケット開発セミナー

「ファーマーズマーケット」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。
ファーマーズマーケットとは、アメリカで行われている朝市のことです。しかし、日本の朝市との違いは、”ローカル”をしっかり定義し、生産者と消費者が真の地産地消を実践できるための仕組みがあるところです。

全米屈指のファーマーズマーケットのひとつ、オレゴン州にあるポートランドファーマーズマーケットをモデル事例に、その内容と仕組みを分析し、どのように生産者との関係性を築いているのか、どのように地元の人々に愛されるファーマーズマーケットを展開しているのかをお話しさせていただきます。そして、アメリカのファーマーズマーケットのノウハウを日本で応用するために、五つのファーマーズマーケットの様態スタイルを紹介し、各地域に合ったファーマーズマーケットを開発展開する手法をお伝えする内容です。

 日本でも、ローカル志向が年々高まり、地元農産物に対するニーズ、さらにそれを作る農家さんへの興味が広がっております。スーパーマーケットの地産地消コーナーも、今や当たり前となりました。しかし、本当の地産地消とは何でしょうか。その答えを、本場の繁盛ファーマーズマーケットを紐解き、日本で新しいファーマーズマーケットを展開する方法をご提案致します。
お申し込みをお待ちしております。

詳しいご案内はこちら

会場の詳細はこちら

 

開催日 2019年2月22日
時間 13:30~17:00
受付開始時間 13:00~
会場 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター 8階 8D
定員 30名様
参加費用 29,610円

S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする