平日 10:00~17:30 TEL: 022-722-2007

2020-10-22

今日の一言 10.22

おはよう。今朝の一言です。

 

十勝を巡ると、ナパの情景を彷彿とさせる場面に出会います。その度に、胸が疼くのです。

 

史上最悪の山火事に襲われ、その中で日々の営みを追求しようとする人々の、情熱と死をかけた心意気。

 

自分の人生の限りを、守り抜こうとするその意志に、粛然とした思いに至ります。

 

人間は何かを生み出し、何かを育みながら、そこに生きる目的を見つけようとするものです。

 

正にワイン造りは、自らの人生そのものであって、自分の自己証明。

 

このワインの一滴の中に、私の生きざまが存在すると、ワインビジネスに携わる私の友人たちは確信していると信じます。

 

大地を舐め尽くす野火がその人生を焼き尽くそうと迫るなか、

 

友人たちは、自分の人生の証を守り抜こうと、その火炎に立ち向かったことでしょう。

 

人間は、大切な何かを守るために命を懸け、自らの人生を証明しようとする。もちろん私たちも同じです。

 

今のこの仕事に、命を懸け、その仕事の場面々々に自らの存在を発見しようとしています。

 

生きるということ、働くということ、命を使うということ。

 

その、連鎖の中に、今を生きる意味をしっかり見つめているはずです。

 

常に人間の尊厳を心に問いかけながら、今を大切に過ごしたいですね。

 

急に冬が目前に、駆け足でやってきています。

 

そのスピードに負けず、この、今の命の輝きを大切にしていきたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-22 | パーマリンク

2020-10-21

今日の一言 10.21

おはよう。今朝の一言です。石狩から十勝へ。その行程を旅する中で、深まり行く秋を堪能しました。

 

石狩と十勝の間に横たわる狩勝峠の風景は圧巻で、北海道の魅力を象徴する峠の風情に魅了された時間でした。

 

トップセミナーのベクトルを思考しながら十勝へと向かう道すがらは、

 

日本の基盤にある文化、つまり、もののあはれ、を、心に刻む事ができた。

 

そんな一時。散り行く紅葉には、例年にない感傷を感じます。

 

様々な思いを抱きなから、過ぎ行くこの一年。

 

何を学び、何を思った一年だったのか。散り紅葉に、改めて問いたいですね。

 

核心は、人間性価値中心主義。この言葉の意味を、一人一人、しっかり言葉にしてください。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-10-21 | パーマリンク

2020-10-20

今日の一言 10.20

おはよう。今朝の一言です。

 

北海道は紅葉の盛り。天高く、抜けるような青空が宇宙の果てまで続いているようです。

 

未来への恋文を設立して1ヶ月半が経ちます。

 

関心を深めるお客様も増え、私たちの理想が創る未来に確かな輝きを、感じます。

 

理想を語るとき、その理想が普遍的な人間のロマンに結び付いているかどうか、その思索が大切だと感じます。

 

独りよがりや、深まりきれていない言葉、あるいは共感しにくい時間軸で語ってはいないか。

 

理想を形にする。それは簡単な思索ではありません。大きなエネルギーと猛烈な情熱が必要です。

 

未来への恋文を書き続けている人だけが手にできるものです。

 

今に負けず、未来に思いを馳せる。その日々を共に過ごしたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-20 | パーマリンク

2020-10-19

今日の一言 10.19

おはよう。今朝の一言です。何時もとは違う形での、2020芋煮会でしたが、

 

やはり季節のイベントで顔を会わせることは、大切なことですね。

 

過去と比べたり、思い出したり、懐かしがったり。

 

それも大きな振り返りで、日々の在り方を心に問いかける機会になります。

 

イベントを徹底するのは、やる以上はSYの基準値を更新し続けたいという思いと、

 

イベント事の運営は間違いなくコンサルティング能力を高める体験になると、考えるからです。

 

どうすれば、喜んでもらえるか、昨年を超えられるか、新たなやり方を作れるか。

 

そこには想像力と、チャレンジ精神が発揮できるもの。

 

段取りも、細やかな心遣いも、あっと驚く仕掛けも、思いきってできるはずです。

 

昨日の芋煮会。細やかな気配りと、ばたつく運営リズムと、あいなかばする、2020でした。

 

メンバーの皆さん、ご苦労様でした。

 

さて、秋の陽は釣瓶落としと言いますが、加速的に一日一日が過ぎていきます。

 

時間の魔術に負けないように、しっかりと日々を過ごしたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-19 | パーマリンク

2020-10-16

今日の一言 10.16

おはよう。今朝の一言です。

 

秋が深まり、小松島の庭も随分と秋色に染まってきました。

 

虫たちの輪唱も、すっかり疎らになって、冬への扉がちらほら見えてきたようです。

 

諸行無常、もののあはれ、侘び。日本人の感性の中心は、移り行く季節への感慨にあると思います。

 

春から夏に向かう躍動感、夏から秋に向かう寂寥感。

 

程度の差はあれ、私たちに共通する思いは、何千年の歴史単位で受け継がれ、言葉にされてきたものでもあります。

 

先日、若手への手紙講座で、古今和歌集を手もとに置く大切さを伝えましたが、その完成から既に1115年が経ちます。

 

それでいて、その31文字から心に届く思いを、私たちは受け止めることができる。

 

これは、素晴らしいことなのです。

 

何人かは、早速購入し、座右の書にしてくれている様子。その動きの早さも、嬉しいことです。

 

講演機会が成長の度合いに伴って、高度になる私たちの仕事。

 

言葉を磨く意識は何よりも大切ですが、まずは季節に対する感慨を独り言にすること。意識してみてくださいね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-16 | パーマリンク

2020-10-15

今日の一言 10.15

おはよう。今朝の一言です。

 

未知の自分にチャレンジする心意気と覚悟は、自らの命を高く深く昇華させてくれます。

 

できるか、できないかではない。やりたいかやりたくないか。それが、SY人の判断基準です。

 

もっともっと日々の一つ一つの時間にワクワクを、持って欲しい。

 

自分達の未来に輝きを感じて欲しいと、願います。

 

今の大変さに負けること無く、と言うとありきたりに聞こえるでしょうが、

 

考えてみてください、近未来の自分からすれば、今の大変さは鼻歌交じりの大変さのはず。

 

人間は日々成長し今を良き過去にしながら、未来へと歩を進めます。理想はあるか、現実は変えたか。

 

その自問に叶う日々を過ごしてくださいね。

 

劇的売り方セミナーも中身の濃い、SYの地力を改めて実感できたセミナーでした。

 

さて10月もあっという間に半分が過ぎました。時間に追い抜かれていませんか。用心、用心。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-15 | パーマリンク

2020-10-14

今日の一言 10.14

おはよう。今朝の一言です。

 

チャンスを手にできるか、どうか。全ては、チャンスへの態度で決まります。

 

できるかな、自分が手を挙げてよいのかな。

 

そんな躊躇が、自らの未来を次々と閉ざしていくのだと気づかなければ、未来永劫先頭ランナーになることはない。

 

その自覚を、先輩は厳しく語り、若者はその当たり前に気づくべきだと思います。

 

小さなチャンス、大きなチャンス、その見極めはやってみなければ、分かりません。

 

だから、即座に手を挙げるのです。

 

君じゃなくても、手を挙げる人間はいるから、いつまでもそこで、ぐずぐずしていればいいよ。

 

そう先輩に思わせたら、声をかける気力も萎えてしまうものです。

 

考えてもご覧なさい、若手にとってはライバルである優秀な新一年生が四人も、来年の春にはやってくるのです。

 

つまらない愚図愚図に、付き合っているお人好しも、余裕もない、そして時節柄チャンスの数は限られます。

 

チャンスは、自ら手にするしかないもの。チャンスは君たちを待っているはずも、ありません。

 

その当たり前を、これからは厳しく示していきたいと思います。

 

詰まらないなぁと、若者が思わせたら未来はないもの。それが、社会です。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-14 | パーマリンク

2020-10-13

今日の一言 10.13

おはよう。今朝の一言です。

 

トップセミナーが近づくと、確かにSYの空気がピンと張り詰めます。

 

業界最高峰で、日本で一番高いセミナーをやってみたい。40年前の無謀な思いから生まれたトップセミナー。

 

未だに、その思いは、脈々と受け継がれているのだなと、感じています。

 

何よりも、業界最高峰のセミナーを。

 

この素心は、間違いなく今も生きていますね。テキスト、運営、講座内容。

 

全てを、日本一に。そのワクワクする思いが、トップセミナーを動かす原動力。

 

さて、ここからの一ヶ月、その思いを形にすべく、

 

一人一人緊張感と躍動感を大切にやるべき事に全力を尽くしてください。

 

一つのセミナーに、命をかけられる幸せを心に刻んで。

 

社長も、とことんテーマを追求する時間を、真摯に楽しむことにします。よろしくね。

 

そして、昨日は、良い内定式でした。

 

一人一人の個性と、SYに対する期待、想いが交錯して、黄金色の未来を感じさせられました。

 

彼らの憧れに応えられる、私たちで在りたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-13 | パーマリンク

2020-10-12

今日の一言 10.12

おはよう。今朝の一言です。

 

近未来を如何に予見できるか。人間は、思いを言葉にすることで、未来を引き寄せることができるとも、感じます。

 

そのために、学び、つまりインプットを続ける。

 

アウトプット前提の学びを続け、言葉を発信することは、ある意味、命がけでもあると思います。

 

言葉に命を載せるからこそ、その言葉に人を惹き付ける輝きが宿るものでしょう。

 

トップセミナー前に、何故日本中を巡り、定点観測に集中するのか。まるで巡礼のように。

 

見続けてきた時間の集積が、小さな変化に気づく視点を造り、言葉が生まれてくる。

7

その確信が、新しいエネルギーを、生むのだと思います。トップ調査の日々は、思索との闘い。

 

ワクワクしながらも、思索の苦しみもあるものです。ここ数日、社会が求める孤独の意味を深く思考しています。

 

それは、プラスの孤独であり、孤高という新たな領域。言葉にし続けています。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-12 | パーマリンク

2020-10-9

今日の一言 10.09

おはよう。今朝の一言です。]

 

虎屋が、日本にある幸せ。今年のトップセミナーのスタートは、虎屋赤坂から。

 

虎屋パリ開業40周年の今年、虎屋は様々な企画展を開催していて、その中心は虎屋赤坂。

 

ピエール・エルメとの共催の企画展は、歴史という縦軸と、

 

和菓子の世界観という横軸が見事に融合していて、本当に見応えがありました。

 

菓子業に携わらせてもらって、モノづくりの執念や、歴史を継承していく誇り、

 

そして何より日本の風土と歳時記の深みを教えられてきました。

 

その学びは、コンサルティングという生業を超えて、人間の在り方まで教えてくれています。

 

トップセミナーは、その感謝を表現する場でもあります。今日からは、北海道のトップ調査。

 

学びの大地で思考を深めて、今年のテーマを追求してきますね。

 

40年近く一つの業界の未来を提言し続けてこられた幸せを、心に刻みつつ。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-9 | パーマリンク

2020-10-8

今日の一言 10.08

おはよう。今朝の一言です。

 

ナパでは、大火災で、馴染みのレストランや、親しいワイナリーが消失を続けています。

 

圧倒的な火勢の前にはなすべき事も少なく、五分間で東京ドームと同じ面積が

 

燃え尽きているとの報道もあります。

 

例年であれば、ナパの風に吹かれに太平洋を渡って、軽やかな足取りで

 

友人たちの待つワイナリーに、向かっていたでしょうに。

 

炎も、ウイルスも、私たちの記憶を前時代の地層に閉じ込めようとしているかのようです。

 

心の種を丁寧に埋め込んできた大地が、美しく蘇ることを心に期して。切ない時節が続きますね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-8 | パーマリンク

2020-10-7

今日の一言 10.07

おはよう。今朝の一言です。

 

幾つになっても、憧れの風景として、そこに在るもの。私の生が尽きたのちも、永劫にそこに在るもの。

 

時にそんな言葉を、投げ掛ける風景があります。私に明日の在り方を語りかけてくれる存在。

 

かくあるべしと、意気揚々と言葉を投げつけてくれる大切な存在。

 

人間は誰でも弱いもので、こんなものでいいかと、自己弁護の世界にいきるものです。

 

そんな、弱さに対して、これでもか!、と目の前に屹立してくれる山々は、

 

十代からのメンターなのだと心から思えます。

 

あとどれ程、この山々に向かい合えるのか、分かりませんが、

 

よくぞ長い間付き合ってくれたねと、微笑みをおくっています。

 

これでいいのか…。その自問が人間の人間足る所以ですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-10-7 | パーマリンク

2020-10-6

今日の一言 10.06

おはよう。今朝の一言です。

 

金木犀の香りが、あちらこちらから漂っていて秋の盛りを実感します。

 

学生時代、下宿の庭に、それは大きな金木犀があって、秋にもなれば噎せかえるほどの芳香を放っていました。

 

西武新宿線都立家政駅に程近い八畳の下宿は、今にして思えば全く質素で、一年間はテレビも置かず、

 

ラジオとレコードだけで時を過ごしていました。

 

季節の小さな変化にも、敏感に過ごせたはずです。

 

「みんなのほんとうの幸福を求めてなら わたしたちはこのまっくらな 海に封ぜられても 悔いてはいけない」。

 

ふと宮沢賢治の詩集のそんな一節を、金木犀の香る頃に思い出します。

 

あの八畳の下宿の深夜、読み耽った詩集の中に有った一節。

 

株式会社未来への恋文を設立する前にも、何故か何度も心に浮かんできました。

 

「われわれが行こうとする道が もし間違いであったなら 究竟(くきょう)の幸福に至らないなら 

いままっすぐにやってきて 私にそれを知らせて呉れ」。

 

そんな言葉の中にある覚悟と祈りを、春から夏にかけて口ずさんだのは、

少なからず、未来への不安があったからなのでしょう。

 

数知れぬ経営者と、共に抱いた不安と未来への自覚。

 

間違いなく、わたしたちを強くしてくれた時間だと思います。

 

その強さを、生かして確かな明日を、とことん形にしていきたいですね。

 

さて、今日からまた旅に出掛けます。憧れの、たおやかな峰を心に刻みに。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-6 | パーマリンク

2020-10-5

今日の一言 10.05

おはよう。今朝の一言です。失敗は、学びである。

 

人財化セミナーで毎年発信するこの言葉は、私自身の体験からの、言葉でもあります。

 

失敗は性格が生み出し、人間の性格はなかなか修正できないもの。

 

同じような失敗を繰り返しつつ、少しずつ自らの性格を見直すセンサーを作り上げていくのです。

 

この年になっても、その繰り返しだなと思います。大切なことは、自分を見切らないこと。

 

その意味で、やはり人間は死ぬまで習慣を変える努力の連続に生きるのでしょう。

 

今期も下半期に入りました。

 

成果を挙げたメンバーには、やはりそれ相応の性格があって、時間への畏れが何よりも強いように思います。

 

一時、一時を大切に未来へと繋げていく意志。そこに、差があると感じます。

 

残念な上半期に終わった面々は、性格のどこに課題があったのか。

 

少しだけ考える時間を取って、リスタートを切ってください。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-5 | パーマリンク

2020-10-2

今日の一言 10.02

おはよう。今朝の一言です。今年の秋旅をスタートしました。

 

初日は本当に久しぶりに在来線を、二時間半の鉄旅。

 

鉄路の響きを楽しみながら、秋の海の風情を心に刻みました。

 

海が見たいなと、何故か今年は何度も独り言を口にしていて。やはり海は人間の命の源なのでしょう。

 

未来、つまり命の果てを考える機会が多い2020年だからかもしれませんね。

 

伊豆の海は穏やかで、永劫の時の流れ、その彼方を自問しながらの一時を過ごしています。

 

意識して、日常から無理やり離れる習慣を、随分と長い間守ってきました。

 

日常のルーテインに事の外拘る性格ですから、時に縮小均衡型の思考に嵌まっていることに気づきます。

 

ありゃっ、自分がつまらなくなっていると、気づくのは一つの恐怖。

 

その時はもっと心を外へ外へと、駆り立てることにしてきました。

 

時には億劫に感じるアラスカへの旅路も、心へのカンフル剤なのだと思います。

 

ナパの山火事拡大の報道が心に影を落としてもいますが、祈ることしかできません。

 

親しき人々、愛すべき風景、そして宝物のような葡萄畑が無事でありますように。

 

満月と会話をしつつ、たくさんの記憶を思い出しながら。旅の形が大きく変わった今年。

 

心の旅だけは、その移動距離が、天文学的マイル数になっています。記憶に残る秋ですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-2 | パーマリンク

2020-10-1

今日の一言 10.01

おはよう。今朝の一言です。

 

昨日は若者たちに、手紙の書き出しと、締め方をレクチャーする時間を持てました。

 

あらゆる文章は、結語を決めて、そこに向かって書き出すものです。

 

しかしなかなか、その意識は言われなければ、持てないもの。

 

起承転結、各々への順番重視の発想は大切ですが、まずは結論ありき。それは、あらゆる思考の基本です。

 

企画書も、報告書もテキストも、スタートは結論にある。もちろん人生も、生き方も、同様です。

 

言葉にすれば、死に甲斐を定めるからこそ、このときの、生き甲斐が際だつもの。

 

教育の現場で、その真が語られることは無いのでしょう。

 

私の死に甲斐とは、一体何なのか。その思索の彼方に、間違いなく生き甲斐が、見えてくるはず。

 

秋の夜長に、とことん考えてみてください。今日から10月。SYも下半期に突入します。

 

この半年の悩みや苦しみを爆発させ、成果に向けて突っ走る下期にしていきたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-10-1 | パーマリンク

2020-9-30

今日の一言 09.30

おはよう。今朝の一言です。昨日の夕方、仙台駅にはやぶさで到着すると、目の前に、牧田常務が。

 

「あれっ、同じ新幹線だった?」と聞くと、今から大阪に向かうとの事。

 

そうか、時間を合わせて待っていてくれたのか。

 

「ありがとう!。頑張ってこいよ!」と、握手をして手を振り別れました。

 

何だかとても、嬉しくて、嬉しくて、胸の奥がポッと温かくなりました。

 

私たちの仕事は、各々が日本全国に散って、心を馳せながらも個として仕事に邁進します。

 

この時代、会う会わないが大きな問題ではないのでしょうが、

 

時に寂しくもあり、離れて全国で頑張る皆が頼もしくもあり。だからこそ、どこかでばったり会ったり、

 

会う算段をしながら共にグラスを傾ける時間は、何よりも嬉しいものです。

 

SYらしさ。よく話題に上がる言葉ですが、その本質は昨日の牧田常務のような心遣いにこそあるのだと、

 

改めて思います。

 

SYさんは、本当に仲良くて楽しそうですねと、多くのお客様に言われます。

 

その都度、確かにと、思えます。いつまでも、そんな文化を大切に高めていきたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-9-30 | パーマリンク

2020-9-29

今日の一言 09.29

おはよう。今朝の一言です。

 

信用とは長い時間の中で積み重ねられた価値。信頼とは、相互の関係の中で共有する価値。

 

信用と信頼の違いを、最近よく問われます。コロナの中で皆が思い描いた未来への、関心事項なのでしょう。

 

信用に傷がつけば、回復には築き上げただけの時間がかかるもの。

 

一方の信頼はお互いの語り合いで、また少しずつ作り上げられるのかもしれません。

 

ただ、何れにしろ、コロナを経験し、人間の本性と素晴らしさを教えられた私たちにとって、信用の重大性は心に刻まれています。

 

日々を生きるなかで、何が大切なのかを、常に心に置かないといけませんね。

 

人間だからこそ。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-9-29 | パーマリンク

2020-9-28

今日の一言 09.28

おはよう。今朝の一言です。

 

京都から賢島へ。この道中は、もう何年か毎年続けている旅路です。

 

日本人の心の拠り所である伊勢は、私たちの本質を語ってくれていると思います。

 

風の香りや月の満ち欠けに、人生の在り方を見立ててきた私たちの祖先。

 

その余熱を間違いなく我々も受け継いでいます。

 

夏から、あっという間に秋へと移り変わった季節の中で、私たちの情緒も活発に動かしていきたいですね。

 

コロナ後の世界は、そんな敏感な心を持った人間を強く求めると確信しています。

 

人間の成り立ちや、儚さを強く心に刻んだ日々があったからこそ、真の人間の強さを理解したからです。

 

いま、私たちが発揮すべき人間らしさは何か。しっかり心に置きたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-9-28 | パーマリンク

2020-9-25

今日の一言 09.25

おはよう。今朝の一言です。

 

野分け。昔は台風をそう称しました。

 

野の草花が右に左に揺れ動く様を、そう語り合い、秋の風情を楽しんだのです。

 

言葉の美しさを知ると、美しい言葉を使いたいと思うもの。

 

先輩やリーダーは、そう思ってもらえる言葉を使ってほしいと願います。

 

言葉を言霊に、する。それは日々の行動を、如何に高めることができるか。

 

言葉を、確かな行動に、できているか。その自問から生み出されると感じます。

 

SYは、今、大きな未来へと飛翔する瞬間を迎えていると心から思います。

 

成果へ成果へと、皆に伝えるのは、成果を追求する道筋に私たちの価値が、間違いなくあるからです。

 

こんな時代でも、いや、こんな時代だからこそ求められる私たちになるために。

 

厳しく、自問自答していきたいですね。いよいよ、上半期も残り数日。

 

そんな今、今日もガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-9-25 | パーマリンク

S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする