2020-8-14

今日の一言 08.14

おはよう。今朝の一言です。

 

お盆の入り。お坊様の読経、線香の香り、子供たちの笑い声や大人たちの歓声。

 

そして迎え火の向こうに立ち上がる、懐かしい気配。お盆の心象風景は、ノスタルジに溢れています。

 

集いの場の意義、エネルギー、そして思いで話が、与えてくれる優しい思いの中から明日への活力が生まれてくるものです。

 

何を継承し、未来へと手渡していくのか。染々と考える時間でもありますね。良き時を!。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-8-14 | パーマリンク

2020-8-13

今日の一言 08.13

おはよう。今朝の一言です。

 

日本の文化の基盤は、敬意と敬意の結び付きの上に存在します。人間の在り方を尊ぶ、

 

という事でもあります。コロナ禍の中で、不寛容な空気が蔓延していますが、

 

本来の日本社会には、他者を尊ぶ寛容さがありました。

 

相手が先、自分は後。その意識も、日本人の築いてきた永続型社会の素敵な知恵です。

 

お盆は、私たちの命を繋いできてくれた祖先への感謝と敬意を、改めて心に刻む日々。

 

日本人にとって、何よりも大切にしたい心ですね。

 

仙台は猛暑日の一日になりそうです。油断しないで真夏を楽しんでください。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-8-13 | パーマリンク

2020-8-12

今日の一言 08.12

 

おはよう。今朝の一言です。

 

日本のお盆の風景も、様変わりしそうです。リモート供養や、帰省自粛、親族の集いも遠慮気味。

 

墓地の風情も少し寂しげに見えます。様々な変化の中にも、普遍的な価値は燦然と存在すると、強く思います。

 

不可逆的変化と、可逆的な緊急避難的変化。この二極を心の中で明確にしておかないと、

 

ただ時の流れに流されてしまいかねませんね。

 

流れに乗ることと、流れに竿さすべきこと。お盆には、深く考える時間を過ごさなければと思います。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-8-12 | パーマリンク

2020-8-11

今日の一言 08.11

おはよう。今朝の一言です。

 

黒尊の蜩の胸に迫る蝉時雨。京都の朝、降り注ぐ熊蝉の蝉時雨。

 

津川の川瀬の音に溶け込むような油蝉の蝉時雨。日本の夏は多様で、地域毎に独特の色や音に恵まれています。

 

一気に酷暑の夏に変わって、仙台でも蝉の声を耳にするようになりました。

 

何時もと違う夏。逼塞感に満ちる世の中ですが、心の窓を開けて、特別な夏を記憶に残したいですね。

 

今週はお盆を迎えます。夏研修で各自が思い描いた1ヶ月になっていますか。言葉に負けてはいないですか。

 

緊張感ではなく、自らの言葉と決意に、責任感をもってください。ぼんやりしないように。

 

では、猛暑日の仙台、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-8-11 | パーマリンク

2020-8-7

今日の一言 08.07

おはよう。今朝の一言です。

 

8月6日は、特別な一日です。

 

人類で唯一被爆体験を持つ日本人にとって、大東亜戦争の意味と意義については、

 

軋轢を越えて自分の言葉を持つべきだと思います。

 

戦争を肯定する人間はいないはずです。

 

とはいえ、単なる悪だと切り捨てることも、意味がない事です。

 

どんな時代であれ、後世の幸せを思い祖先は行動してきたはずです。とすれば、どこに齟齬があったのか。

 

世界史的に俯瞰する意識が何よりも大切だと思います。

 

賢者は歴史に学ぶと言いますが、グローバリズムが強烈な摩擦熱を伴いながら逆転に転じている今、

 

正に歴史の中に次の時代を予見する鍵があると感じています。

 

蝉時雨には、悠久の歴史に誘う魔法が潜んでいる。私たちの祖先の思いを振り返る一時を過ごしたいですね。

 

立秋とはいえ、猛烈な暑さ。

 

身体を労りながら、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-8-7 | パーマリンク

2020-8-6

今日の一言 08.06

おはよう。今朝の一言です。

 

京都はなんと、36、5℃の灼熱地獄。

 

この夏の無念さを一気に取り戻すような太陽の逆襲に、命の危機さえ感じた一日でした。

 

この夜は、50周年を迎えた至宝とも言えるレストランを、敬意を表しに訪ねました。

 

年に数回、ワクワク訪ねるグリルフレンチさん。

 

何故かいつもの席に腰かけるとスッと場に馴染み、お父さんと意気投合する。

 

私にとって、掛け替えのない大切な場所です。50年。

 

その重みに心が凛と引き締まって、お父さんの手業に改めて、凄みを教えられた時間でした。

 

SYはまだまだ15年。ここからどう年月を積み重ねられるか。最近つくづく考えます。

 

ここから20年経った時、私は82才でSYは35年目。どんなその時を皆と過ごしているのでしょうね。

 

その未来を考えると、ワクワクとしんみりを感じます。理想へと続く楽しみな未来に、敬意と限りない夢を。

 

皆との未来に、思いを馳せた一日でした。今日も灼熱の京都にいて未来を深く考えますね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-8-6 | パーマリンク

2020-8-5

今日の一言 08.05

おはよう。今朝の一言です。

 

百歳まで生きて、幸せな国。ここからの未来に向けて、この旗は何よりも大切なものだと思います。

 

健康長寿、そして人間関係に恵まれた心豊かな暮らしは、人間の理想です。

 

日本は世界に先駆けてその理想を実現できるpieceに恵まれているはずですが、

 

実感には程遠い社会が広がっているように感じます。

 

無縁社会と言われる殺伐とした風景。更にデジタルトランスフォーメーション、

 

そしてコロナ禍が地域社会を一層無機質な風景へと変革させています。幸せとはなにか。

 

日本人にとってその幸せの定義は、長い歴史の中で脳裏に刻まれているはずです。

 

心の豊かさを、実感できる日々を造る。

 

そのモデル作りを進める、株式会社onkuri設立の基本合意が、昨日パートナー会社と成立しました。

 

未来への理想に向けて、SYは更に一歩峻険な道に、歩みを進めることになります。

 

理想はあるか、現実は変えたか。

 

ワクワクと進みたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-8-5 | パーマリンク

2020-8-4

今日の一言 08.04

 

おはよう。今朝の一言です。

 

悠々と大空を飛ぶ航空機。その飛行機雲を見ると、私が深い海底にいて、海上付近を泳ぐクジラの姿を

 

見上げている様子を連想します。きっといくつか前の前世で、そんな経験をしていたのだなと、

 

変に納得してしまいます。

 

高知西部の空は、様々な方面に向かう航空機の交差点で、これだけ減便している時でも、

 

次々に10000メートル上空に飛行機雲が描かれていきます。

 

それにしても、飛行機雲は、様々な思いを心に呼び起こしてくれますね。

 

キラキラして、ゆったりして、おおらかで。四万十の川原で見上げる大空には、

 

たくさんの希望と夢がありました。仙台もすっかり夏気配です。

 

心が求めていた夏空を、存分に楽しみながら、今を貪欲に生きたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-8-4 | パーマリンク

2020-8-3

今日の一言 08.03

おはよう。今朝の一言です。

 

四万十研修。本当に美しい天気と川の風情に、心が癒された数日間でした。

 

新人四人は、史上最高の茶壺戦績を残し、心から四万十カヌーを楽しんだようです。大したものですよ。

 

何故四万十で研修を?、そう尋ねられる度にこう答えます。童心に帰れ!。

 

知識やつまらない常識の鎧を脱ぎ捨て、美しさや、不思議なこと、知る喜びを心から楽しむこと。

 

貪欲に、楽しさに夢中になる。その時間は、誰もが抱いていた、童心を取り戻す時間でもあります。

 

ワクワクと無知を埋めていく一時ほど、心を勇躍させるものはないと感じます。

 

まだ知らない鳥の声、木々の名前、川岸の小石の来歴。私自身、その発見に心が踊ります。

 

昨日は、内定者佐藤家懇親会でしたが、四人のスコッチや日本酒への好奇心に、楽しい時間をもらいました。

 

多分、このスコッチのタイプは未経験だろうと思う三種のスコッチを、テイスティングしてもらいました。

 

スコッチを深めていく、マイルストーンになる三種。

 

記憶の引き出しに、しっかり留めてくれたら、酒呑みの先人として幸せです。

 

さて新しい週の始まり。八月も最初の10日間が走り出しています。

 

成果に貪欲に、着実に積み上げてください。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-8-3 | パーマリンク

2020-7-31

今日の一言 07.31

 

おはよう。今朝の一言です。
お客様と一緒ではない夏の川下りは久しぶり。季節は7月盛夏、雲一つない快晴、水量は上々。
心がどんどん透明になっていく、そんなカヌー行を楽しみました。
行く川の水は絶えずして、まるで時の流れのように、旅を続ける。
古人は川の流れを人生に例えて来ました。四万十川は196キロの旅を続け、中村で黒潮流れる太平洋へと
辿り着きます。連綿と流れ続けるこの川は人間の浮世に左右されることなく、ただ流れ続ける。
大水で狂暴な本性を現すことも、渇水で痩せ細った姿を見せることもありますが、
それも同じこの四万十川の真の姿です。確かに川には人間の心を映す趣がありますね。
そして思います。四万十川は太平洋へと辿り着き、黒潮になって世界を巡り、
やがて雲となって雨水に変化し、またこの山野に降り注ぎ、四万十川へと帰ってくる。
その壮大な旅こそ生命の本質なのだと。
今日もその命の旅に思いを馳せつつ、茶壺にチャレンジしてきます。
沈下橋の上で士規七則が始まりました。山峡に響く士規七則。この瞬間が大好きです。頑張れよ!。
では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-7-31 | パーマリンク

2020-7-30

今日の一言 07.30

 

おはよう。今朝の一言です。

 

四万十の空は、紺碧の空。今年初の夏空に、心が躍動します。ここはユートピア、桃源郷かと

 

見惚れた口屋内。あの40年前の記憶は未だに鮮明ですが、私の中で、年々理想化されているようにも

 

感じます。あの夏の夕方、川岸には川猟をする川舟が浮かび、投網をする人もいました。

 

とにかく、川を中心に語り合い、子守りをする人たちの和気に心がぐっと、掴まれたのです。

 

カヌーで下ってきた青年に手をふり言葉をかけ、川岸を追走してきた子供たち。

 

いま40年が経って、多くの人は鬼籍に入り、集落は本当に寂しくなりました。

 

川岸に人影はなく、子供の歓声も聞こえず、セミの声だけが響いています。

 

この美しい日本を、どう未来へと伝えていくのか。私たちにできることは、何か。

 

美しい空に心を溶かして、深く考えています。

 

四万十研修二日目、カヌーに出かけます。正にカヌー日和。情を鍛えてきます。

 

では今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-7-30 | パーマリンク

2020-7-29

今日の一言 07.29

 

おはよう。今朝の一言です。

 

一昨日の社長メールの画像は、美濃の水団扇です。美濃和紙にニスを塗り、川遊びでも使えるように

 

作られました。正に職人の技で、絵付けも美しい傑作です。

 

ずいぶんと昔、長良川の川旅の最中に教えられ、心に残っていた水団扇。

 

ようやく手にいれる事ができました。今の日本は、見ぬふりをしていれば、消えてしまい二度と手にできない

 

様々な物、事、が存在します。未来に手渡すべき大切な価値を、私たちのこの時代に失ってしまわないように、

 

心の声に耳を澄ます透明な意識を大事にしたいですね。

 

コロナ自粛の時に、心が求めたもの。そこに本質があると強く思います。

 

時代に迎合することなく、大切なことを大切にする。そんな私たちでいましょう。

 

さて今日から、2020四万十研修です。青空の下、SYが描いてきた理想を心に刻む時間にしていきたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-7-29 | パーマリンク

2020-7-28

今日の一言 07.28

 

おはよう。今朝の一言です。

 

七月は台風の発生がゼロ。70年間で初めての出来事とのこと。インド洋の海水温の変動が、

 

太平洋高気圧を弱め、台風の発生状況にも影響を与えています。

 

中国大陸でも長雨が続き、歴史的な水害が長江流域で発生。

 

4500万人以上が被災しているとのこと。タイも韓国もアメリカ東海岸、そしてハワイにハリケーンが直撃。

 

地球規模での天候異変は、終わりが見えない状況です。コロナに長雨。日本中が鬱の霧に包まれているようです。

 

だからこそ、自分自身を元気の発信源にするぞと、意識したいですね。

 

今日も仙台は雨模様。雨雨フレフレ母さんが、等と鼻唄を歌いながら明るく輝く自分を作って過ごしましょう。

 

とはいえいつ梅雨が開けますかね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

 

投稿者: syworks 日時: 2020-7-28 | パーマリンク

2020-7-27

今日の一言 07.27

おはよう。今朝の一言です。

 

光陰矢のごとし。正にこの言葉を実感するように七月は疾風のように快走を続け、最終週に突入します。

 

仕事ができる喜びを痛感し、Re:startした六月から二ヶ月が経過。

 

コロナ禍の中でも、私たちの価値をどう発信していくか。考え考え、確かに前に進んで来ています。

 

新しい生活様式と仕事様式。では、ここから描く理想的な未来とは何か。

 

何より、私たち自身の思考がシンギュラリティに至らなければ、過去へと清算されることになる。

 

その危機感の中で、新たな事業展開へのチャレンジが続いています。

 

今朝は、朝の五時過ぎから新事業展開セミナーが始まっています。

 

朝の3時過ぎに小松島を出発する近藤の車を見送りました。

 

一人一人が、未来への道筋を切り開くべくロマンを語っている。

 

その姿には、心が動きます。この連休、どう過ごしましたか。

 

頭の回線を切ることはなかったですか。未来を観ていましたか。梅雨空を吹き飛ばして、

 

全力で前へ、進みたいですね。SY人らしく。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-7-27 | パーマリンク

2020-7-22

今日の一言 07.22

おはよう。今朝の一言です。

 

佐藤塾は24期の最終講義。コロナ後の世界観を語る時間となりました。

 

バブルが弾けた直後にスタートした佐藤塾。当時、個人名をつけた研究会の是非が船井総研内部でも

 

侃々諤々論議されたものでした。

 

だからこそ、講義内容に対しては、最高峰のものに。その意識を常に持って、

 

その名に恥ずかしくないようにと自覚をもって臨んできたと思います。

 

短期的視点に陥らないこと。人間の本質を常に考え続けること。言葉に責任を持つこと。

 

何よりも、独自の哲学と思考体系を磨き続けること。心に定めた指針を、いまでも大切にしています。

 

神戸震災の時に始まり、ベルリンの壁の崩壊があり、リーマンショックも東日本大震災も、

 

何より舩井先生も亡くなって、自分の思索の軸が心底問われていると感じる時もありました。

 

そんな場を持てていることは、どれほど幸せなことかと覚悟を心に、言葉を紡いできた。そう思えます。

 

更に自らの心を高め、未来を予見する強さを持ち、命を燃焼させる場にしていきたいと、願っています。

 

皆も、自ら機会を造り、機会によって自らを鍛えられる様に、共に視座を高めていきたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-7-22 | パーマリンク

2020-7-21

今日の一言 07.21

おはよう。今朝の一言です。

 

昨日の京都は35℃の猛暑日!。さすがにマスクには、辛いものだと実感しました。

 

正に茹だるように、空気が澱んで。梅雨明けはまだまだ先の気配ですが、京都の洗礼を受けた気分です。

 

祇園祭のないこの時期の京都の街は、どことなく寂しげで、やはり歴史に残る今を生きていると

 

痛感しました。コロナ後にどんな未来を造り出すのか。私たちの理想は何か。

 

頭の中は恩送りすべき未来へと駆け回る日々です。命をかけるべき時にいるのだと、心底思います。

 

この今に、命を懸け真剣に生きていますか?。その仲間として、強く前に進んでいきたい。生きる。

 

その意味を、とことん考えて、自らの役割に邁進する事。

 

それこそが、私たち!、です。しっかり素直に責任感を持って、進みたいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-7-21 | パーマリンク

2020-7-20

未来への恋文セミナー2020が開催予定です【9月8日tue.】

6月30日に発売された「疫病2020」の著者、作家・ジャーナリストの門田隆将先生を

ゲストにお迎えして未来への恋文セミナー2020が開催予定です。

映画「Fukushima50」をはじめ、健気に生きた日本人を追い続け、

世の中に「真」を伝え続けようとする門田隆将氏。

 

今回は「情報の氾濫と虚構~真実を読み解く視点」というテーマでお話頂きます。

 

「日本は何故コロナウイルスの死者数を抑え込めたのか?」

「封じ込めに成功した国、失敗した国の違いとは?」

「コロナウイルスは本当に中国からの人工的なウイルスだったのか?」

 

国民が抱いている様々な疑問-。

多くの情報が渦巻く現代において、表面的な知識に流されずに正しく判断するにはどうすれば良いか。

皆様と共に学ぶ90分×2講座のセミナーです。

 

佐藤芳直と門田隆将先生の対談動画はこちらから!

未来への恋文セミナー詳細はこちら

 

投稿者: syworks 日時: 2020-7-20 | パーマリンク

2020-7-20

今日の一言 07.20

おはよう。今朝の一言です。

 

梅雨の一時の晴れ間。暫くぶりに眺める庭の風情は、正に盛夏で、名残の春薔薇が大きく花を

 

着けていました。異常な梅雨も、植物たちにとってはまるで想定内の事のように見えます。

 

夏期研修の感想文で皆が書いていた共通項は、責任感と下克上でした。

 

かっこの良い大人にとって、責任感の深さは、基礎的な部分。言葉を発し、

 

その言葉に責任を持つからこそ、一人前の大人と目されます。

 

言葉に対し、無責任に振る舞うのは、駄々を捏ねる子供同然です。言葉をとことん追求する人間が

 

この価値観のパラダイムシフトの時に、先頭に立つのは、当たり前の事。

 

そこに下克上の本質がある。そう思います。

 

研修から10日近くが経つと、既に自分の言葉など銀河の彼方同然の稚児もちらほら。

 

時間軸は、圧倒的なスピードでそんな無責任人間を振り落としながら進んでいる。

 

強い実感に満ちた毎日です。責任感の意味を、自分に問いかけながら、進んでくださいね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2020-7-20 | パーマリンク

2020-7-17

今日の一言 07.17

 

おはよう。今朝の一言です。

 

不気味に増え続ける感染者の状況に、東京には厳しい緊張感が漂っています。

 

ある意味、再度の首都圏封鎖がなければ、経済は劇的に冷え込むと実感します。

 

恐怖感や不安は人間の行動を大きく制約するからです。

 

更に新型Coronaウイルスは人間の意志を超えて突然変異するように、感じています。

 

ここまでの軽症、無症状で終わる病状からどこかで強毒型に変異する可能性もあるでしょう。

 

緊張感ではなく、責任感を持って一人ひとり、行動を抑制しなければと思います。

 

私たちは、出張前提の仕事をしています。もし私たちの誰かが罹患すれば、

 

この仕事の正統性が問われることになります。

 

強い責任感を持って、しっかり振る舞うようにしましょう。この時代の中で、経済を作る主役として。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-7-17 | パーマリンク

2020-7-16

今日の一言 07.16

 

おはよう。今朝の一言です。

 

師と友づくりが、人生を有意義にする一つのきっかけとなる。舩井先生がよく口にされた言葉です。

 

もちろん、師と仰げる人間との出会いは、そうなかなかあるものではありません。

 

また松陰先生は、簡単に誰かの師になるべからずと、語っています。

 

そう考えれば、例え一時でも師と思える人間の言葉を、友と思える仲間と共有できる事は、

 

一つの奇跡の様な体験なのだろうと、後継者育成大学院の開講に思います。

 

百歳生きて幸せな国を考える。誇りに満ちた大人と、未来に希望を抱く子供たちが生きる地域を創る。

 

経営のテーマは、常に未来創造にあります。では、どんな未来を理想とするか。

 

そんな思索を深められる時間は、とても幸せな時間で、その場を持てる喜びは人生の宝でもあります。

 

SY人の喜びとは何か。常にその一点を考えながら、言葉を発したいですね。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2020-7-16 | パーマリンク

S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする