平日 10:00~17:30 TEL: 022-722-2007

Monthry Audio Success yell

~4,000社以上のコンサルティング実績から導かれる、日本で唯一の百年企業経営指南書!~

月刊オーディオサクセスエール 2020年2月号

【経営者編】

『未来のベクトルを深く考える~経営はどんなコミットメントをするのか』

<事例紹介>

1.新型コロナウイルス

2.日本人の楽観力・国民性 出光佐三さん 松下幸之助さん

3.SDGs

4.GAFA+M

5.神保町・未来食堂

 

【現場編】

『合理的な仕事をするには?~注意力(目を配る力・心を配る力)を磨く訓練」』

1.働き方改革について考える。

 (1)人として大事なことを忘れてはいけない。

   例えば困っている人がいれば、声をかける。何かやってあげようと考えて瞬間考働する。

 (2)常に注意を払っていないとできない。目を配る、心を配る、感心をもって何かを観ること。

   それが合理的に仕事をするということにつながる。

 (3) 24時間スイッチオンとは注意力を高めていく訓練である。

2.変幻自在であることはその人間の品質である。

 (1)すべての仕事がプロの仕事であり、準備、段取りを怠ってはならない。

 (2)仕事とプライベートでわけると行動がブレてしまう。モノゴトを決めるときの基準は表裏一体である。

 (3)誰の仕事でもない仕事(誰がやっても良い仕事)に対する態度が大切である。

3.善行動に躊躇しないこと。良いと思った瞬間に考働せよ!

 (1)行動化する時間を短くする。

 (2)人生は、ありがとうを集める旅。

   ①「ありがとう」を見つけようとすると、自分が「ありがとう」を発信する感度が高くなる。

   ②人間は「そう生きたいと思う」と思えば、そういう自分になれる。

   ③人間ってなんだろう、人生ってなんだろう・・・?と考える人たちが増えてきている。

   ④正しいことは人によって見方に違いはあるが、人間的な仕事とはなにか?

    それを高めるためにどうしたらよいのか?を考えることが今とても大切なことである。

12,100円(税込)


S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする