平日 10:00~17:30 TEL: 022-722-2007

Monthry Audio Success yell

~4,000社以上のコンサルティング実績から導かれる、日本で唯一の百年企業経営指南書!~

月刊オーディオサクセスエール 2020年12月号

 

【経営者編】(約50分)

 

1.幸福と幸運の違い。
 (1)幸福とは自分の心の持ち方である。  ex) 「只足るを知る」
   幸運とは・・・
   ①神仏に対する敬虔な心ではないか。
   ②天祐(何かに守られているのではないかという気持ち)や「幸福」に対する態度ではないか。
     人間の意志決定には「必ずこれが正しい」ということはないが、
    幸運を持っている人や企業には共通の何かがある。

 (2)幸運を呼ぶ何かとは?
   日本人は常に天祐の条件をよく知っている。
   神社・・・自分のことをお願いしてはいけない。
                 天下国家、天皇陛下のことを願う、天変地異を祈る。
   ①清めることを大切にしている・・・整理、整頓、清潔、清掃、躾  
   ②感謝をする・・・有難いという思い、謙虚に振る舞う、恩送り、慎独など。
   ※2021年、その心を発揮することによって日本は世界のモデルになるべきではないか。

 

2.世界経済の在り方を考える。

 (1)人間性価値・・・「人間とはどう在るべきなのか」という方向へ向かう。
   ①企業はオーガニゼーションではない。コミュニティである。(同志的結合)
     繋がりが未来を生み出すという事業ヴィジョンを持とう。
   ②2021年はもっと深くつながる。それが未来を決定づけると思う。
   ③コロナが普通のインフルエンザのようになったときに3つの問いがある。
     その問いから目をそらさずに今考えることが大切である。
     1)失ってしまったものは何か。
     2)普遍的価値があるものは何か。
     3)必要とされることは何か。

 

【現場編】(約40分)

 

1.すべての出来事は必然・必要・ベストのタイミングで起こり、結果ではなく原因で終わらせること。
 ※原因で終わらせる・・・自分を変えたり、何かを好転させるということ。

 

2.全ての失敗は「性格」でおきる。どんな失敗も自分が引き寄せておきている。
 ※モノゴトに恨みを持つと自分を傷める。過去も未来も人間が考え出した概念である。
   過去に生きるな、今に生きよ!

 

3.言葉は心が生み出す。
 (1)話している言葉が相手の心に届くためには、「聴く」側も心をつかわなければならない。
 (2)文章を書くこと、考えることをさぼれば、心に言葉を届ける力は衰える。
 (3)心に届く言葉は、これからの時代強い武器である。
 (4)言葉に、熱と思いをのせよう。
   ※言葉の数ではない。熱量、思いの厳しさが大切。

12,100円(税込)


S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする