平日 10:00~17:30 TEL: 022-722-2007

Monthry Audio Success yell

~4,000社以上のコンサルティング実績から導かれる、日本で唯一の百年企業経営指南書!~

月刊オーディオサクセスエール 2019年9月号

【経営者編】

『利休と秀吉から観るリーダーの条件』

1.武野紹鴎と千利休

  (1)武野紹鴎

    ①一座建立・・・一人ひとりがこの一座に参加している人間であり、座敷を盛り立てていくという考え方。

           亭主に対する敬意が大切になる。プロセスを感じようとする。

    ②客人ぶりをよくする・・・主側つくるものであり、主側に責任があるという考え方。

  (2)千利休

    ①一期一会・・・もう二度とこの時間は来ない。機会に対する真剣さ、厳しさをもつという考え方。

    ②「世間雑談無用なり」・・・一瞬のきらめきを心に留める。

    ③「叶うハ良し、叶いたがるハ悪し」・・・日常が大切である。

     自分の心の中にある理想にむかって日々過ごしなさいという言葉。

2.歴史に観るリーダー

  (1)秀吉の時代・・・営業上手な武断派orマネジメント上手な文治派。

  (2)天才にはスケールがある。

    信長は、地球儀で物事を考え、数万年というスケールで考えることが出来る人。

     (3)歴史には「あの時この人がいなければ」というような奇跡がある。

 

【現場編】

『心の防波堤を高めよう~相手の心を察する、気遣う』

1.共感性を高めよう!

   (1)共感とは

   ①誰かの心と自分の心をクロスさせること。

   ②察する、気を遣うこと。

   ③言葉にできること。

   (2)何かモノゴトを見て、「こうしたいと思う」→見る、思う、考える、行動する の繰り返しの中に

   学びが生まれる。

   (3)気づきのアンテナが高くなる。

2.千利休の言葉

  (1) 「叶うハ良し 叶いたがるハ悪し」の意味

    日常で、きちんとしていることが叶う。だから、日常を活かしなさい。  

  (2) 「一期一会」とは、

    「now and here」ということ。今、この時を大切に生きる。

    ※目の前の人に敬意をもつことが心配りの一歩。

12,100円(税込)


S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする