Monthry Audio Success yell

~4,000社以上のコンサルティング実績から導かれる、日本で唯一の百年企業経営指南書!~

月刊オーディオサクセスエール 2018年3月号

【経営者編】

『リーダーの在り方を考える』

1.「包み込み」という発想・・・・AorBではなく、A+B=Cという考え方。

  日本人のもっている思考は規律性と協調性が基本になっている。

2.企業文化とは「共有化された習慣」のことである。

  そのことを「教養」と呼ぶ。

  ※「教養」とは、常に誰かの迷惑にならないかと考えて行動すること。

3.仕事の精度は自尊心から生まれる。

  (1)何かを続けることによって生まれる。

  (2)誇りとは「一」である。

    「一」とは・・・座右の銘を持つことや、自分の信条を裏切らないように生きること。

  (3)とことん考えるプロセスを持っている人間と持っていない人間との差がでてくる時代である。

4.リーダーは、部下に「行動するから学ぶ」ということを自らの行動で導く。

5.フェイクな時代を生きている今、私たちは誘導される危険性がある。

  ※物事は一方向からだけ見ていると間違った思考をする可能性がある。

  (1)経営の一番危険な状況は・・・

   ①成功体験の逆襲にあうこと。

   ②希望と現実を取り違える。「現実を希望すべく問うてはならない」

   ③直感力を磨く・・・定点観測・予測訓練・歴史の検証

   ※歴史を観る中でルール化をする。

   ルール1:弱者への態度がリーダーの資質に求められる。

   ルール2:福を植える。(未来に対してどんな一手を打っているか?)

   ルール3:信じる道「一」をもつ。

 

【現場編】

『「空気感」は当たり前のレベルで つくられる』

10,800円(税込)


S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする