Training & Reception

株式会社 田子の月様(菓子・飲食)

「接客の心得ハンドブックづくり」を行います。
「接客の心得ハンドブックづくり」とは、会社の理念、経営者の思いを現場に反映した「自社らしい接客」を実現していくためのものです。
販売現場において、もっとも大切なのは、属人的なトップセールスレディの存在ではありません。
なぜなら、そこのお店の接客の最低品質がお客様の店舗の印象になるからです。
しかし、世間一般で言う「接客の基本」ができているだけで良いかと言うと、決してそうではありません。
全ての業種でサービス力が上がっている今、 「マニュアル通りの接客」、「基本だけができている接客」だけをしていては、自社のファン客をつくっていくことは難しいでしょう。お客様の中には、マニュアル通りのみの接客を嫌われる方もいらっしゃいます。
では、どのような接客を行い、どのような販売現場をつくっていけば良いか・・・。
それは、「あそこのお店の雰囲気ってなんか好きだな」、「あのお店に行くと、なんか落ち着くんだよね」とお客様に感じて頂くための、「ウチらしい接客」を販売員全員が行えるようになることです。
そのためには、「ウチらしい接客」を明文化し、全販売員が行動化できるようにするための手引書が必要です。この手引書で実際に接客を行う、現場販売員さんと一緒に考え、作成をしていくのが、この「接客の心得ハンドブックづくり」になります。

お店の最低品質がお客様の印象になる。
だから、販売員全員が「ウチらしい良い接客」をできるようになることが大切である!

株式会社 田子の月
代表取締役社長 牧田 一郎 様

この度は、ハンドブックを作成していただき、本当に良かったと思っています。
今まで私は、自分が理想とする接客を、お店に行って指導をしたり、徹底させようというチャレンジを何回もやってきていましたが、なかなか浸透せずにいました。
しかし、今回ハンドブックを作成し、全社員にハンドブックをお披露目することで、全体に足並みを揃えて、良い方向に歩みだしました。
ハンドブックを作成する前は、形ができていない状態でした。しかし、ハンドブックが出来上がり、「田子の月らしい接客」をいつでも全社員が確認することができるようになり、「田子の月の接客の形」が、しっかりできつつあります。例えばお見送り一つにしても、今までは歩きながらお辞儀をするということがありましたが、今しっかりと止まって「ありがとうございます。またお越しください」とお見送りをしています。
また、「田子の月らしさ」を明文化したことで、販売員さんたちから、お客様に喜んでもらうために「こんなことをやったらどうか?」、「こんなことをしたら喜んでいただけるのではないか?」という意見が出てくるようになりました。これは、そのような「良い反応」をどんどん伸ばしていってあげさせたいなと思っています。
実際に最近では、お客様からの「田子の月最近変わったよね」という声を多くの方から頂くようになりました。

久留米あかつき幼稚園 様  白水学園 様(教育)

「幼稚園の先生である前に、一人の人間、一人の女性として美しくあってほしい」
これは全ての園長先生が、職員にそうなってほしいと願っていることだと思います。
美しい大人、美しい女性になるためには、保育スキルがあることや、一般常識をしっかり身に付けていること、これももちろん必要なことです。しかし、一番大切なことは、“一人の女性として美しくありたい”と思い続 け、“相手を思いやる心”を持ち、そしてその心を発揮することができることであると私たちは考えます。
こちらの研修は、マナー研修ではありません。常に“相手”ということを考え、相手本位の心を発揮し、美しい大人、美しい女性として必要な、基本+αを身につけて頂くための研修です。
ここでは、“自分たちで考える”ことを大切にし、座学形式の講義ではなく、実践形式の講座を重視したカリキュラムを組んでいます。

幼稚園の先生である前に一人の人間として自分を磨くことが大切

久留米あかつき幼稚園
園長 藤田喜一郎先生

私は日頃から先生方に「皆さんは幼稚園の先生である前に園の職員であり、園の職員である前に社会人なのです」と諭すと共に、常識やマナーを教えて参りました。
しかしながら、五十代の園長と二十代の先生達、初老男性とうら若き女性という何とも越え難いギャップもあり、なかなか意図するところが充分に伝わらない悩みを抱えておりました。
そのようなところに、若手職員を対象としたS・Yワークスさんのセミナーを知りました。早速、該当する職員数名を参加させ、私も後方の席より見学をさせて頂きましたが、多彩なカリキュラムと、受身で聴講するのでなく、参加者がスピーチし、行動し、体験する内容は素晴らしいものがありました。当日参加した者からも「知らない事も多く、勉強になった」、「これまで参加した研修会と比べて、とても刺激的だった」、「私達だけでは勿体ないので、みんなにも伝えます」と嬉しい感想が聞かれました。また是非職員を参加させたい研修です。

白水学園
理事長 白水剛先生

研修終了後の第一声が「今までの研修で一番楽しかったです!!」と、このような感想を過去に受けたことがなかったので驚きました。
日頃から、素敵な女性になってほしいと、伝えていたのですが今回の研修では、講師の先生自らがそのモデルとなり、あらためて「何を教えるかではなく、誰が教えるか」が大切であることを自覚したようです。今までにない研修内容をありがとうございました。

株式会社TTC様(観光・施設編)

売れるお店づくりに必要な販売トレーナーの育成研修などを行いました。

販売の基本知識から、現状の把握、売上につながる販売のノウハウを経て最終的に「自店らしい独自の販売」の実現に向けた研修を実施させていただきました。

まずは自分が一流の販売員として接客できるようになり、更に教育のできる人財へ成長できる研修

株式会社TTC
代表取締役 河越康行様

「お客様感動創造」という経営理念の実現を目指す上で、一流の販売現場を創り上げる事は、経営にとって重要課題であります。

お客様はそのお店の評価を下限のレベルで評価することを教えて頂きました。

「100-1=0」の法則があるように、たった1人の販売員が挨拶できない、満足のいく接客が出来ないとお客様から見放されてしまいます。

この研修はまず自分が一流の販売員として接客をできるようになる、そして更に、自分がリーダーとして、トレーナーになり、志、スキル、ノウハウを身につけ、教育ができるようになる実践型研修です。

このような社内研修をして頂き心より感謝申し上げます。