2018-5-7

今日の一言 05.07

 

おはよう。今朝の一言です。

 

梅が咲いて桜が咲いて、桃や李、林檎の花が咲き渡る。

 

春の一刻は、あれよあれよと見惚れている間に過ぎて行きます。

 

小松島の庭は、石楠花が見事に花開いて、地面によく目を凝らすと、

 

鈴蘭が可愛らしく花を着けていました。

 

五月も中半、野いばら、躑躅そして山法師がたわわに白い花を咲かせれば、

 

もう夏の入り口になります。春夏秋冬の楽しみ方を、ああだこうだと考えて、

 

設計をした小庭ですが、年と共に、楽しみ方が変わってきている様に感じています。

 

どのように、と聞かれると答えにくいのですが、小さな芽吹きを感じとる楽しさ、

 

ときめきでしょうか。柏の木は新芽が出るまで、朽ち葉をつけたままで春を迎えます。

 

さて、何時朽ち葉が落ちるかなとやきもきしていると、

 

あっという間に柔らかな幼葉に変わっている事に気づきます。

 

それからは、一日一日若葉に覆われ、枝が延びて、正に目が釘付けです。

 

風呂から見上げる柏の木。この季節の一番のワクワクです。

 

人間の感性は、自然に入ることによってのみ、養われる。

 

人間の知識や知恵では作り得ない自然の造形美や、時間の魔術。

 

その素晴らしさに心惑う中で、感性の新たなアンテナが生まれるのでしょう。

 

そんな意味で、四万十研修は、新入社員にとって、大切な機会です。

 

今朝は雨。残念ながらカヌーは難しそうですが、山里の雨音は懐かしい思い出を

 

呼び起こしてくれる旋律に思えます。今日は語り合いの時間を過ごせそうです。

 

では今日も一日ガンガン学びましょう。

投稿者: syworks 日時: 2018-5-7 | パーマリンク



» 一覧へ戻る

S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする