2018-4-18

今日の一言 04.18

おはよう。今朝の一言です。

 

昨日は渡部昇一先生のご命日でした。

 

先生の訃報は、先生の故郷、庄内で受けとり、その不思議なご縁に心が震えたものです。

 

海が荒れて、それでいて沖合い、水平線に光がキラキラと当たる、春の海を見ながら、

 

先生の死の意味を自問する時間を過ごしました。

 

日本の未来を考え続けた先生の意志を受け取り、どう未来へとバトンを渡すことができるのか。

 

それは、果てしなく遠く、気の遠くなるような難問の様に感じたものです。

 

雲の上にそそりたつ絶壁の如き知の巨人が、織り成す世界観。

 

その一毛でも学び、子孫に伝えなくてはと、一年の年月を経て、改めて心に刻んでいます。

 

学ぶことは、とても楽しいことです。

 

知らない世界の扉を開けて、輝くような知に出会う瞬間のときめきは、この年になっても続いています。

 

新しい本の、一頁目を開く時のドキドキのように。

 

昇一先生の本の編者として、新刊を上梓できたことは、少しの恩返しをできたのかと思っています。

 

そして、未来への恩送りになればとも、願います。

 

東京は、静かな春の雨。皇居がしっとりと美しく佇んでいます。

 

では、今日も一日ガンガン学びましょう。

 

投稿者: syworks 日時: 2018-4-18 | パーマリンク



» 一覧へ戻る

S・Yワークスの公式アプリが
遂に誕生…

スマートフォンに最新情報をプッシュ通知でお届け!最新のお知らせやセミナー情報が“いつでも どこでも”チェック可能です。

今すぐインストールする